セフレアプリ

会社の同僚が離婚することになったんだって。
それで、話を聞いてたら、うちもなんか心配になってきちゃって。
その同僚の奥さん、専業主婦だったんだけど、色々趣味のサークルとかボランティアとかにも参加して忙しそうだったんだって。
それで、夜に家を空けてても別に不思議に思わなかったらしいよ。
「だけど、それ、セフレアプリだったんだよねー。俺、まったく気付かなくて」って落ち込んでた。
「だけど、セフレアプリで遊ぶくらい、主婦って誰でもするもんじゃないの?」なんて慰め半分に言ってみたわけ。
「セフレアプリで遊ぶくらいっていうけど、やり取りだけじゃなくて、実際に会うとなると話は別だろ」、そう言われると黙るしかなかったよね。
「本当にただの普通の女だと思ってたけど、セフレアプリなんかやっちゃうような女だったんだよなー」ってしみじみ言うわけよ。
そうなると、なんとなくイヤな予感っていうか、うちのももしかして?って気になるでしょ。
セフレアプリ
うちも別に多少は変わったところはあるけど、普通の奥さんだし。パートで仕事してるけど、同僚、女が多いみたいで、よく正社員の悪口言ってるくらい。
「お前も一回、奥さんの携帯チェックした方がいいよ、俺みたいに修羅場になる前に気付いた方がいい」って忠告してくれてさ。
まさかとは思うけど、そのまさかだったら?って思うと、急に自分の妻がよその女のような、距離の離れた他の女みたいな感覚になってきて、怖くなった。
自分が思ってるような女じゃなかったらどうしよう、今の世界が壊れたらどうしよう。
そう思ったら、今の同僚の気持ちが手に取るように分かったよ。
オナニー電話
チャットオナニー